最新の調剤薬局情報まとめ

このサイトでは現在、急速に増えている薬局M&Aに関することから手続きまでの幅広い分野に関しての記載を行っています。
各地でも大型チェーン店が進出している面と創業者の世代交代の時期が重なっていることの他、事業継承などの問題も生じております。
それを解決する手法としても魅力的であり、しかもその需要が起きていることから仲介を行っている企業も増加傾向です。
働いていた従業員に承継する方法もありますが、営業権相場に基づいた第三者承継を行う事例も多くなっています。

薬局M&Aとは

薬局M&Aとは 薬局は病院の処方箋を持参したらそれに基づいた薬を処方する存在として、人々の健康的な生活にも欠かすことができない存在です。
近年はドラッグストアが各地で進出して病院の処方をも扱うようになり、中小の薬局店は経営上の問題も起きています。
しかも今まで営業をし続けた薬局店の後継問題も起こっており、事業を継続しがたい環境にもなりつつあります。
こうした様々な事情が存在する場合に、M&Aを行うことによって、スムーズな経営の承継がなされることに繋がります。
M&Aの優れた点は第三者に承継できる点で、業界分析にも長けた第三者が既存の薬局店の経営を合理化して、より強固な営業地盤を築ける点にあります。
M&Aには以前より存在した店舗をより営業基盤を着実にできる手法でも注目されています。

薬局のM&Aの今後の動向と将来性について

薬局のM&Aの今後の動向と将来性について 薬局の売却や譲渡を行うのであれば、今が一番将来性がある時期だといえるでしょう。
後期高齢化社会の現在、薬局の数は現在増えつつあります。
また病院の提携を行っているところも多くありますので、売却や譲渡を行うのであれば今が絶好機であるといえます。
M&Aの動向はあらかじめ既存している優良の薬局を譲渡、買取を行うことによって、安定した経営を行うことが出来ますので、ある水準以上の利益を得続けることが出来るからです。
一からスタートさせ、新規出店させた場合は運営が軌道に乗るまで大変な労力とコストがかかりますが、あらかじめその地域にあった店であればすでに固定客がついていますので、安定した収入を得ることが可能です。
現在は薬局M&Aを専門的に行っているコンサルタント会社がありますので、条件交渉や買収もすべて間に立ち仲介してもらうことが可能です。
よい条件で買収を行うのであれば、自分で行うよりもこうした専門的に行っているコンサルト会社にまかせた方がよいでしょう。
M&Aには、運営している店舗の事業のみを譲渡することも可能ですし、複数の店舗を保持している会社から一部だけを買い取ることも出来ます。
こうした譲渡に関する手続きには、薬局の認可手続や税金や開業の手続きなど、法的な手続きが色々と必要ですが、すべてコンサルタント会社が、間に立ち任せることが可能です。

M&Aに関するお役立ちリンク

薬局 M&A

新着情報

◎2019/7/10

薬局を譲渡の価格内訳・税金の計算
の情報を更新しました。

◎2019/5/20

薬局経営の注意点
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

薬局M&Aの注意点
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

薬局M&Aにかかる期間は?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 将来」
に関連するツイート
Twitter

ドラッグストアか調剤薬局か ↓ ドラッグストアと調剤薬局のどちらが良いか迷ったら、調剤併設のドラッグストアをオススメします。 ドラッグストアの店舗数は調剤薬局の3分の1程度しかありません。 調剤薬局の経験がないと、将来の可能性もその分減ります。

Twitter薬剤師キャリアアップ@pharmacist_web

返信 リツイート 15:40

◯ドラッグストアか調剤薬局か ドラッグストアと調剤薬局のどちらが良いか迷ったら、調剤併設のドラッグストアをオススメします。 ドラッグストアの店舗数は調剤薬局の3分の1程度しかありません。 調剤薬局の経験がないと、将来の可能性もその分減ります。

Twitter薬剤師年収アップ相談@pharmacist_step

返信 リツイート 12:40

将来内科医は不足。 薬剤師は余剰。 現在の薬局薬剤師の業務、特に軽度の慢性疾患に関しては、患者病態確認及び処方内容確認=内科医業務と被る部分 患者動線を逆(薬局→病院)にして、不足する医師のマンパワーを補完。 #リフィル処方箋 #薬剤師 #医薬分業u0u0.net/WVUq #アメブロ pic.twitter.com/lx0JBBkJ2s

大手調剤薬局を選ぶメリット・デメリット メリット ・将来性がある ・人数が多い ・いろいろな処方箋が見られる デメリット ・通勤90分以内の異動がある ・転勤しないコースの場合は給料が低めになり、出世しづらい #薬剤師求人サイトランキング

Twitter薬剤師の給料UP相談@薬剤師(病院・薬局・ドラッグストア・MR・企業・公務員)の転職相談員@yakuzaishi_web

返信 リツイート 10:40

ドラッグストアと調剤薬局のどちらが良いか迷ったら、調剤併設のドラッグストアをオススメします。 ドラッグストアの店舗数は調剤薬局の3分の1程度しかありません。 調剤薬局の経験がないと、将来の可能性もその分減ります。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 10:10

ドラッグストアと調剤薬局のどちらが良いか迷ったら、調剤併設のドラッグストアをオススメします。 ドラッグストアの店舗数は調剤薬局の3分の1程度しかありません。 調剤薬局の経験がないと、将来の可能性もその分減ります。 #薬剤師高給

Twitter薬剤師の求人・転職サイト@pharmacist_info

返信 リツイート 10:10

※大手調剤薬局を選ぶメリットとデメリット※ メリット ・将来性がある ・人数が多い ・いろいろな処方箋が見られる デメリット ・通勤90分以内の異動がある ・転勤しないコースの場合は給料が低めになり、出世しづらい

Twitter【薬剤師キャリア相談】転職のノウハウ@yaku_carrier

返信 リツイート 9:40

同じく✋✨ ☑医局のような縦列社会なし 退職が簡単 ☑日本全国どこでも働ける ☑病院・薬局・ドラッグストア・企業いろいろ ☑正社員でなくても、平均年収は超える それに甘んじて、将来設計しないのは良くないけど、 仕事とプライベートのバランスは取りやすい職業だと思いますよね🤔 twitter.com/kikuo1005/stat…

Twitterはるか@薬剤師/医療通訳@haruka_kusuri

返信1 リツイート2 8:46

◯大手調剤薬局を選ぶメリットとデメリット メリット ・将来性がある ・人数が多い ・いろいろな処方箋が見られる デメリット ・通勤90分以内の異動がある ・転勤しないコースの場合は給料が低めになり、出世しづらい

Twitter薬剤師年収アップ相談@pharmacist_step

返信 リツイート 8:40

大手調剤薬局を選ぶメリット・デメリット メリット ・将来性がある ・人数が多い ・いろいろな処方箋が見られる デメリット ・通勤90分以内の異動がある ・転勤しないコースの場合は給料が低めになり、出世しづらい #薬剤師給料

Twitter薬剤師の年収アップ相談@salary_up

返信 リツイート 8:09